ビジネス書に疲れたら子ども向けに手を出せばいい

突然ですが、ビジネス書はよく読みますか?

  • すすめられたはいいが忙しくて読めていない
  • そもそもあまり読む気がしなくて放置している
  • 買ったときは読みたかったのに

など様々な理由で積ん読が増えていませんか?

または、

  • 仕事に必要な知識なのにあまりすすまない
  • 難しくてなかなか読み進められない

という本がありませんか?

 

そもそも読みたくなければ処分してしまえばいいのにまだ手もとにあるのは、そこから何か学びたいからのはずです。

でも向いていない本は向いていないのです。

いま読まない本はきっとこの先も読まない。

 

今日は、そんなときのひとつの逃げ道を紹介します。

 

ジャジャン(※効果音です)

f:id:nagaiyouko:20170724183230j:image 

 

なぜ子ども向けなのか

子ども向けも大人向けも、人気テーマは同じ?

そもそも、子ども向けの本はその名のとおり子ども向け。でも、最近の子ども向け本は大人向け、ビジネスパーソン向けの雑誌で特集を組まれるような題材も多くあります。

 

例えば、プログラミング、論理国語、時間術、整理整頓、コミュニケーション。

 

多くの大人が難しい本で学ぼうとしていることです。

 

子ども向けだからわかりやすい

題材は求めているもの、それなのにわかりやすい。

ページ数が少なく、簡潔に大事なことだけ書いてある。

著者の経歴、あまり参考にならない成功体験などは省いて、テーマに沿って伝えたいことを伝えている。

これらは、ビジネス書に求めることではないでしょうか。

 

親向けの解説がついていることもある

多くのビジネス書は、教えてくれるひとが著者、教えられるひとが読者(自分)です。

でも、教えるひとが気を付けていることがわかれば、教えられるひとの成長はさらにはやくなりますよね。

 

親向けの解説は教えるひとの教えるコツが満載です。

高校英語の教科書の解説書を手に入れたら授業が楽になってテスト対策もしやすくなりますよね。それと同じで、親向けの解説はとても効果があります。

 

本を読んでいる自分が好きなのか?本から知識を得たいのか?

絵ばっかり、サイズが大きい、表紙が子どもっぽい。

そう思って躊躇するのはもったいないです。

見られたくないならこっそり家で読めばいいのです。

 

あなたが大人なら、書店員さんはあなたがお子さんに買って行くと思うでしょうし、複数買うと研究用かな?と思います。(そして、そんなに気にするほど覚えられることはないでしょう。)

子どもをジロジロ見なければ通報されることはないはずです。

 

読みたいジャンル別、おすすめの本

プログラミングについて知りたい

いま話題のプログラミング。

必修じゃなかった、文系、でもなんとなく知っておきたい。そんな方へのおすすめはこちら。

 

なるほどわかった コンピューターとプログラミング

なるほどわかった コンピューターとプログラミング

  • 作者: ロージー・ディキンズ,阿部和広,ショー・ニールセン,福本友美子
  • 出版社/メーカー: ひさかたチャイルド
  • 発売日: 2017/02/22
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

一言おすすめポイント

しかけ絵本の時点でたのしい。

 

 

論理的に書きたい

「察する文化」の中で生きてきたけど、ブログとかやってたらやっぱり論理的に書きたい。読みたい。

でも難しそう。そんな方へのおすすめはこちら。

 

はじめての論理国語 小1レベル

はじめての論理国語 小1レベル

 
はじめての論理国語 考える力を伸ばすトレーニング

はじめての論理国語 考える力を伸ばすトレーニング

 
 一言おすすめポイント

学年ごとにわかれています。黄色い方は親子用。

「具体と抽象」、「クリティカル・シンキングの基礎」などなど、小学生の教科書を思い出すようなデザインで中身はしっかり。

こっそり読んでおくと、とても役立ちます。

 

 

有名作を簡単に読みたい

福沢諭吉は一万円札で学問のすすめのひと。

でも学問のすすめは読んだことない。読んだ方がいいってまあまあえらいひとが言う。そんな方へのおすすめはこちら。

 

こども「学問のすすめ」

こども「学問のすすめ」

 

 

一言おすすめポイント 

これは結構前の本ですが、いまでも書店で見掛けるので、手に取ったことがある方も多いのではないでしょうか。

見開きで、「もとの文」と「今のことばでいうと」が比較できるようになっています。

これを読んでおけば、まあまあえらいひとに学問のすすめのはなしをふられても大丈夫です。

 

 

時間術をマスターしたい

男性向けでいえばアソシエ、プレジデント、女性向けでいえば日経ウーマン、などなど。定期的に特集されます。本もたくさんでています。

知識を蓄えすぎてもうよくわからなくなった方、一度知識をスッキリさせるために、こちらがおすすめです。

 

学校では教えてくれない大切なこと 8 時間の使い方

学校では教えてくれない大切なこと 8 時間の使い方

 
 一言おすすめポイント

お子さんが上手に時間を使えるようになっていくマンガに沿って時間術を学びます。

夏休みがあること前提だったり、当てはまらない部分もあるでしょうが、世に出ている時間術関連本の大事なところだけ集めたような本です。

 

 

整理整頓、断捨離をしたい

これも世にたくさん出ています。本もブログも雑誌も。

そうやって情報を集めれば集めるほど、断捨離から遠くなっている?!(※経験談)という方におすすめなのはこちら。

 

学校では教えてくれない大切なこと 1 整理整頓

学校では教えてくれない大切なこと 1 整理整頓

 

 

一言おすすめポイント

先の時間術と同じシリーズ、同じ方のイラストです。

こちらも子どもが整理整頓を身に付けるまでのマンガに沿って整理整頓を学びます。

 

★「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズは他にも「自信の育て方」などテーマがたくさんあります。一冊850+税でお手頃ですので、気になるテーマがあればぜひ読んでみてください。

 

テーマによってイラストを描かれている方が異なります。進行も微妙に違うので、中身をチラッとみて自分に合いそうなものを選ぶのもよいです。

 

 

こっそりと、改めて性教育を受けたい

最近話題になることも多くなってきました。性教育。

これを読めば、大丈夫です。

あなたが大人なら、こっそり読んでください。

きっと子どもにもすすめたくなります。

 

正しい保健体育 (よりみちパン!セ)

正しい保健体育 (よりみちパン!セ)

 

 

一言おすすめポイント

なぜオナニーするのかに興味がある、モテたい、索引のセックスの欄に40以上の該当ページが書かれている本が読みたいならぜひ。

 

どちらかというと男性におすすめです。

 

ちなみにモテたいひとにおすすめですが、モテるひとはきっと読みません。そもそもここに書かれていることがわかっているからモテるのだと思います。

 

みうらじゅんが苦手なひとも、みうらじゅんのことは忘れて読めば大丈夫です。

 

 

番外編

勉強するひと向け手帳

最近ふりかえり学習系の本と手帳が増えてきました。ほとんどディスカヴァー社ですけど。

 

ふりかえり力向上手帳 フォーサイト

ふりかえり力向上手帳 フォーサイト

  • 作者: FCEエデュケーション
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2014/10/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
 一言おすすめポイント

日付記入式でいつからでもはじめられます。

学生向けなので、時間割に沿って書きやすくなっています。

フリーランスの方、自習の方は自分で時間を区切りますよね。

意外とこういう学生向けが合うかもしれません。

 

 

久しぶりに読む小説

社会人になって長いこと小説を読んでいない、でも昔はシャーロックホームズとか、探偵、怪盗がすきだった。それなら絶対読んでください。

 

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)

 
怪盗クイーンはサーカスがお好き (講談社青い鳥文庫)

怪盗クイーンはサーカスがお好き (講談社青い鳥文庫)

 

 

一言おすすめポイント

とにかくおもしろいです。

既刊がたくさんありますので、長くたのしめます。

最近の作品は最近の子どもが読みやすいような設定、言葉が使われていたり、古さは全然ないです。

たまには童心を思い出すのもいいですよね!

 

 

以上です。

Amazonリンクを使ってみたかったので、本の紹介記事を書いてみました。(広告収入はないよ……!)

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

本って有名なひとが書いたからいいとか、難しいからいいとかほとんどないと思うんですよ。

その知識を得たいというのが目的で、いろいろな理由で読めていないのなら、まずは子ども向けを読んでみる。

もしもっと深く読みたければ、もう少し大人向けを読んでみる。

そのジャンルではまだ自分は子どもで、それをもっと深く知るか、浅くていいかはこれから決める。というようなイメージです。

 

今回ご紹介した本以外にもおすすめしたい本はたくさんあるのですが……それはまた次の機会に書かせてください。

 

そして、よろしければツイッター等でシェアしていただけるととてもうれしいです。
それでは、また明日!